津軽こけし館(津軽こけし館)

つがるこけしかん(つがるこけしかん)

いろんなこけしと出会うことができる施設

津軽こけし館は、約4,000本の伝統こけしの展示や津軽系こけし工人によるこけし製作実演など魅力が詰まった施設です。外装は江戸時代の商家と黒石市中町にある江戸時代前期から続く木造アーケード通り「こみせ」をイメージした建築になっております。

<1階無料スペース>
■こけし製作実演
津軽系こけし工人が日替わりで連日こけしの製作実演を実施しており、作り手のこけし工人と会話も楽しむことができます。巧みなカンナ捌き、華麗な描彩、匠の技をぜひご覧ください。

■日本一のジャンボこけしと巨大木地ダルマ
1本の原木をそのまま利用して作る作品ではともに日本一の大きさです。高さ4.21mのジャンボこけしと重量755kgの巨大木地ダルマと旅の記念にぜひ一緒に記念撮影をしてみてください。

■おみやげコーナー
津軽系を始め、全国11系統のこけし工人作品を常時1,000体以上展示販売をおこなっています。子供向け木地玩具やキーホルダー、お菓子などのお土産品も多数取り揃えております。

■こけし雑貨コーナー
女子が喜ぶ可愛いこけしモチーフの雑貨やグッズ、おしゃれな民芸品を中心に集めたこけし雑貨と民芸品コーナー「comin(コミン)」も常設しています。

■絵付け体験スペース
津軽系こけし工人の指導を受けながらオリジナルのこけしを作ることができます。(要予約)

<2階有料スペース>
■約4,000本の伝統こけし
津軽系を中心に全国11系統の伝統こけし作品約4,000本を展示しています。津軽こけしの普及発展、若手工人の育成に尽力した名人(故)盛秀太郎工人、(故)佐藤善二工人の特設コーナーもあります。

■こけしアートコレクション
昭和30年代に(故)盛秀太郎工人が挽いた木地に、世界的版画家である棟方志功が描彩したとされる津軽こけし館所蔵作品をヒントに考案され、現在は有名人に自由に絵付けをしてもらったこけし作品を展示しています。

基本情報

住所
青森県黒石市大字袋字富山72-1
料金
2階有料スペース:大人 320円、高校生 270円、小中学生 160円
団体料金(15名以上):大人 270円、高校生 210円、小中学生 100円
※学校団体、各種クーポン、障がい者割引等あり
営業時間
9:00~17:00
休業日
無休
アクセス
東北自動車道黒石ICから車で約10分
弘南鉄道黒石駅から弘南バス温川線(板留経由虹の湖公園行)利用「津軽伝承工芸館」下車
駐車場
有(無料30台)
公式サイト
津軽こけし館公式ホームページ

問い合わせ先

問い合わせ先
津軽こけし館
電話番号
0172-54-8181
FAX番号
0172-54-8250
メールアドレス
kokeshi@tsugarudensho.com

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

山形百名山人気投票1位【葉山】縦走
詳細はこちら
大湯沼
詳細はこちら
中越メモリアル回廊
詳細はこちら
津軽鉄道
詳細はこちら
《第1弾》硬券入場券セット&クリアファイル発売!!
詳細はこちら
秋田竿燈まつり(秋田県秋田市)
詳細はこちら
比内とりの市(秋田県大館市)
詳細はこちら
ぼんてん山登山
詳細はこちら
浄土ヶ浜レストハウス
詳細はこちら
むらやま徳内まつり2021
詳細はこちら
いわて牛
詳細はこちら
帆手祭
詳細はこちら
田老の防潮堤
詳細はこちら
雫石ゴルフ場
詳細はこちら
原敬墓所
詳細はこちら