宝徳寺

ほうとくじ

石川啄木が少年期を過ごした寺

  • 宝徳寺1
  • 宝徳寺2

当寺は万治元年、報恩寺の末寺として開基され、現在十九世がこの寺を継いでおります。明治20年3月、隣村の常光寺から石川一禎和尚が移り、十五世住職となりました(啄木2歳)。頭脳明晰だった少年は村の人々から神童と言われ、盛岡中学校時代には詩や短歌、小説等に才能を発揮し,岩手日報等に投稿しています。17歳の時に文学で身を立てようと上京したのですが、体を悪くし故郷に戻っています。不幸にもその頃、父一禎が寺を放免され,住む家を失ってしまいます(啄木18歳)。その後宝徳寺の池に生える羊草が大好きだった啄木は、故郷を恋いながら27歳という若き生涯を東京の地で閉じました。平成12年の建て替えと同時に啄木が使用した部屋を復元しています。

基本情報

住所
岩手県盛岡市渋民字渋民2-1
料金
無料
営業時間
9:00~16:00
休業日
通年
アクセス
ルート1: 盛岡駅 → 【バス40分】 沼宮内行き啄木記念館前 → 【徒歩3分】 宝徳寺

ルート2: 滝沢IC → 【車10分】 宝徳寺
駐車場
有(数台)
所要時間
10~20分
予約方法・申し込み方法
電話:019-683-2616

問い合わせ先

問い合わせ先
宝徳寺
電話番号
019-683-2616
FAX番号
019-683-2616

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

盛岡ふるさとガイドの会
詳細はこちら
Foddieツアーin塩竃バイリンガルツアー
詳細はこちら
渋民公園
詳細はこちら
白煙会炭焼き体験
詳細はこちら
弥生の里展望所(第2田んぼアート)
詳細はこちら
【岩手県山田町】三陸の無人島・オランダ島で「山田式キャンプ…
詳細はこちら
最上西公園 【最上町】
詳細はこちら
多賀城グルメブランド「しろのむらさき」
詳細はこちら
八幡平地熱蒸気染色の説明・お土産付き
詳細はこちら
震災遺構浪江町立請戸小学校
詳細はこちら