津軽藩発祥の地 国史跡 種里城跡「光信公の館」 (鰺ヶ沢町教育委員会 )

つがるはっしょうのち くにしせき たねさとじょうせき「みつのぶこうのやかた」 (あじがさわまちきょういくいいんかい )

津軽藩の始祖 大浦光信が築いた城跡

  • 01光信公の館-外観(青森県鰺ヶ沢町17)
  • 02光信公の館-外観(青森県鰺ヶ沢町18)
  • 03光信公の館-光信公の銅像(青森県鰺ヶ沢町19)
  • 04光信公の館-光信公御廟所(青森県鰺ヶ沢町20)
  • 05光信公の館-津軽発祥の地石碑(青森県鰺ヶ沢町21)
  • 06光信公の館-御城印ポスター(青森県鰺ヶ沢町22)
  • 07光信公の館-御城印(青森県鰺ヶ沢町23)
  • 08光信公の館-展示品(青森県鰺ヶ沢町24)


鰺ヶ沢町にある種里城は、南部下久慈から種里へ入部した大浦光信公が築いた城です。光信公から五代後の為信公が津軽統一を成し遂げ、津軽藩初代藩主となりました。そのため、津軽の礎を築いたこの地は、津軽藩発祥の地と言われています。
城跡には、光信公の銅像のほか、御廟所が静かにたたずみ、歴史資料館「光信公の館」では、津軽家ゆかりの品々が展示されています。

また、光信公の館では種里城の御城印を販売しています。
この御城印は、南部氏にゆかりのある七つの城館・城郭でそれぞれの城にちなんだ御城印を販売する「南部お城めぐり」のひとつ。
御城印には城の名前が筆で記され、城主の家紋などが押されています。御城印は、1枚300円。
この機会に、南部ゆかりの七城をめぐってみませんか。


●南部氏ゆかりの七城
 種里城(鰺ヶ沢町)
 根城(八戸市)
 三戸城(三戸町)
 聖寿寺館(南部町)
 久慈城(岩手県久慈市)
 九戸城(岩手県二戸町)
 鍋倉城(岩手県遠野市)


国史跡・種里城跡「光信公の館」
【所在地】〒038-2725青森県西津軽郡鰺ヶ沢町大字種里町字大柳90
【TEL】0173-79-2535
【開館日】5月1日~10月31日の毎週金曜日・土曜日・日曜日
【開館時間】9:00~17:00(5~8月)9:00~16:30(9~10月)
【入館料】一般300円、高校生220円、小・中学生150円

基本情報

住所
青森県鰺ヶ沢町種里町字大柳90
料金
一般300円、高校生220円、小・中学生150円
営業時間
5月1日~10月31日の毎週金曜日・土曜日・日曜日
9:00~17:00(5~8月)、9:00~16:30(9~10月)
休業日
開館期間中毎週月~木休館
11月~3月冬期休館
アクセス
JR鰺ケ沢駅から車で約20分
駐車場
無料駐車場有(大型車輛駐車スペース有)
公式サイト
青森県・鰺ヶ沢町観光ポータルサイト「あじいく?」 内
所要時間
40分
備考
開館期間外のお問い合わせ先
鰺ヶ沢町教育委員会
TEL:0173-72-2111(代表)

問い合わせ先

問い合わせ先
国史跡・種里城跡「光信公の館」
電話番号
0173-79-2535

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

政宗ダテニクル(福島県伊達市)
詳細はこちら
西馬音内そば(秋田県羽後町)
詳細はこちら
出羽の古道六十里越街道 トレッキングツアー
詳細はこちら
船岡城址公園
詳細はこちら
赤神神社 五社堂(秋田県男鹿市)
詳細はこちら
折爪岳のヒメボタル観賞
詳細はこちら
スプリングバレー仙台泉
詳細はこちら
【相馬野馬追】野馬懸
詳細はこちら
南部菱刺・南部裂織
詳細はこちら
くろくまの滝
詳細はこちら
ほしばん絵ろうそく店(会津工芸体験)
詳細はこちら
千秋公園
詳細はこちら
観光ボランティアガイド ながい黒獅子の里案内人
詳細はこちら
IGRいわて銀河鉄道株式会社
詳細はこちら
秋田市立秋田城跡歴史資料館(秋田県秋田市)
詳細はこちら
【地震により一時閉館中です】涌谷町立史料館【宮城県涌谷町】
詳細はこちら
大間牛
詳細はこちら
日本スキー発祥記念館
詳細はこちら
七座山(秋田県能代市)
詳細はこちら
蔵と商家(秋田県仙北市)
詳細はこちら
  • TOP
  • 観光・体験
  • 津軽藩発祥の地 国史跡 種里城跡「光信公の館」