【青森県鶴田町】ジャンボシリーズ

【あおもりけんつるたまち】じゃんぼしりーず

噂のジャンボな食べ物を追う!

  • びっくり焼きそばパン
  • でっかいパイシュー
  • 3色入りジャンボ最中
  • 抹茶あん・リンゴあん・粒あん
  • 焼き鳥1
  • 焼き鳥2
  • バナナボート1
  • バナナボート2
  • ラーメン1
  • ラーメン2

◎誰と食べる?「びっくりパン」


 国道339号沿いにある、道の駅つるた「鶴の里あるじゃ」は、地産地消にこだわり、地元の農産物を活用した商品開発に力を注いでいる。敷地内にある大豆・米加工施設では、減農薬・減化学肥料栽培の鶴田産米「鶴の輝き」や、鶴田産大豆「おおすず」、鶴田産小麦「ゆきちから」を使った加工品を製造販売している。

 なかでも、2007年の発売以来、同駅の名物として話題を呼んでいるのが、「びっくりパン」シリーズだ。
「びっくり焼きそばパン」、「びっくりカレーパン」、「びっくりチキンカツバーガー」と、どれも通常サイズの3~5倍!    「でっかいパイシュー」は、なんと通常(70g)の9個分の大きさ。シュー皮からはみ出さんばかりの生クリームとカスタードが、堂々たる存在感を放っている。

約20種類あるという、びっくりパン以外にも、「バケツ豆腐」や「バケツ豆乳プリン」など、大豆加工品も負けず劣らずのメガ級揃い。もちろん、どれも大きいだけではなく、味も原材料も折り紙付きだ。

「鶴田産の安心・安全な米や小麦を活用して、他店と差別化できる話題性のある名物商品を生み出したい」と、同駅の一戸明彦駅長のアイデアで開発されたびっくりパン。噂がうわさを呼んで、今や売切れになるほどの人気商品である。

「うわぁ、でっかい~」。次々に訪れるお客さんも歓声を上げながら、知らず知らずのうちに口元がほころんでいる。


道の駅つるた「鶴の里あるじゃ」

 TEL 0173-22-5656




◎精肉店自家製「ジャンボ焼き鳥」


 陸奥鶴田駅の駅前通りにある「成田精肉店」。夕方になると、店先から焼き鳥を焼く香ばしい香りが立ちのぼり、学校帰りの高校生や買い物客が次々に立ち寄る。
 同店の「ジャンボ焼き鳥」はもともと、ご主人の成田正寿さんが、ご自分の晩酌用に作っていたもの。そのうち、知人の間でおいしいと評判になり、リクエストに応えてお店でも提供するようになったという。

大ぶりにカットした国産鶏と玉ねぎは、一本ずつ串に刺し塩コショウで味付け。
 こんがりと焼き目のついた鶏肉はむっちりと柔らかく、噛むほどに口いっぱいに広がるジューシーな旨みと玉ねぎの甘さが、絶妙なハーモニーを醸し出す。
 お客さんの間で、いつしか「ジャンボ焼き鳥」と呼ばれるようになり、青森市など遠方からわざわざ買いに来るファンも多いという。
 このほか、自家製の「牛串」もあり、こちらもビッグサイズ。
 通常は15時頃からの販売。


成田精肉店

 TEL 0173-22-4044




基本情報

住所
青森県鶴田町
公式サイト
メデタイ・ツルタ

問い合わせ先

問い合わせ先
鶴田町役場 企画観光課
電話番号
0173-22-2111
FAX番号
0173-22-6007

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

せんまやひなまつり
詳細はこちら
願掛岩
詳細はこちら
アンテナショップ ほっとまるしぇおがーる
詳細はこちら
【岩手県野田村】苫屋
詳細はこちら
南川ダム
詳細はこちら
イーレ!はせくら王国
詳細はこちら
秋田中央トランスポート
詳細はこちら
津軽三味線酒場
詳細はこちら
花輪ばやし(秋田県鹿角市)
詳細はこちら