会津藩主松平家墓所

あいづはんしゅまつだいらけぼしょ

松平家の歴代藩主が眠る、山腹の広大な史跡

「会津藩主松平家墓所」は、会津藩の二代藩主保科正経公から幕末の九代藩主容保公までが葬られており、昭和62年5月に国の史跡に指定されました。

初代藩主の保科正之公は猪苗代町の土津神社に葬られています。

このお墓は通称「院内御廟」と呼ばれ親しまれていますが、その面積は約15万平方メートルと広大で、墓域の中腹には西の御庭、中の御庭と呼ばれる藩主の家族のお墓があり、さらに石段を上がったところに藩主の墓があります。

三代から九代藩主は全国的にも珍しい神式で葬送されており、構造もこの墓所独特のものになっています。


新緑の時期や紅葉の時期に、散策をかねてのお参りをする人も多いスポットです。

基本情報

住所
福島県会津若松市東山町大字石山字墓山
アクセス
車:磐越自動車道 会津若松ICより車で約20分
公共交通:バス停「院内」から松平家墓所入口まで徒歩5分
駐車場
東山温泉共同駐車場を利用ください
公式サイト
会津若松観光ナビ

問い合わせ先

問い合わせ先
会津若松市文化課
電話番号
0242-39-1305

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

高岩神社裸参り・万燈夜(秋田県能代市)
詳細はこちら
追分温泉
詳細はこちら
酒田柳小路屋台村 北前横丁
詳細はこちら
福島双葉タウンストーリーウォーキングツアー
詳細はこちら
かっぱ夜市
詳細はこちら
いちご煮
詳細はこちら
サッパ船アドベンチャーズ
詳細はこちら
古川八百屋市・古川日曜朝市
詳細はこちら
南蔵王夏山開き
詳細はこちら