いわて短角牛

いわてたんかくぎゅう

貴重な日本短角種牛肉

 日本短角種とは、黒毛和種を含む「和牛」4品種のひとつで、旧南部藩時代に北東北で役畜として飼養されていた「南部牛(なんぶうし)」をルーツにもつ、岩手県生まれの和牛品種です。

 毛色は赤茶色で、牛肉にもいわゆる「サシ」が入りにくく、赤身の牛肉になるなど、黒毛和種とは異なる肉の美味しさが味わえます。

 「いわて短角牛」の母子は、夏から冬にかけて母子放牧され、雪で放牧地が使えない冬は牛舎で過ごす「夏山冬里(なつやまふゆさと)」と呼ばれる方式で生産されます。母牛は雄大な放牧地で草を食み、子牛は母牛の母乳を飲んでスクスク成長します。夏の間に、母牛は「まき牛」との自然交配により新たな子牛をお腹に宿し、翌冬には牛舎で分娩し、また初夏には子牛とともに放牧地へ向かいます。

 日本短角種の生産頭数は、国内で流通する肉牛のわずか0.4%程度と貴重な存在。岩手県はそのうちの4割程度のシェアをほこり、国内最大の短角牛産地です。

 ※掲載情報は2021年2月現在

問い合わせ先

問い合わせ先
いわて牛普及推進協議会
電話番号
019-629-5735
FAX番号
019-623-0201

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

落合の大もみじ
詳細はこちら
道の駅よこはま 菜の花プラザ
詳細はこちら
八幡平バックカントリースキーツアー
詳細はこちら
大白温泉
詳細はこちら
三陸屋台村おおつち〇〇横丁
詳細はこちら
網張温泉スキー場
詳細はこちら
鶴岡お祭りウィーク
詳細はこちら
宮古市魚菜市場
詳細はこちら
うれいら通り商店街の散策
詳細はこちら
松島蒲鉾本舗多賀城工場
詳細はこちら
SKY ADVENTURE PARK 空の冒険王国
詳細はこちら
盛岡市農業まつり
詳細はこちら
岩木山の温泉と湯めぐり手形
詳細はこちら
霞ヶ城公園菊花展
詳細はこちら