めがね橋(宮守川橋りょう)

めがねばし(みやもりがわきょうりょう)

アーチ橋の上をSLが走る光景は童話「銀河鉄道の夜」のよう

連なった5つの半円からできるアーチ橋で、正式名称は「宮守川橋りょう」です。岩手が生んだ名童話作家・宮沢賢治は、この橋の上を走るJR釜石線の前身「岩手軽便鉄道」をモデルに、名作「銀河鉄道の夜」を描いたとも言われています。


一日1本しか走らないSL列車もこの橋の上を走るので、運が良ければめがね橋の上を力強く走るSLを見られるかも?! まさに童話「銀河鉄道の夜」のような光景です。


夕暮れになるとライトアップされ、見る人々を幻想の世界へいざないます。ロマンティックな景色が話題となり、「恋人の聖地」として認定されました。周辺には恋人の聖地のモニュメントもあります。


釜石自動車道宮守ICを利用するとめがね橋は通り過ぎてしまいます。見学の際は283号線を利用し、付近の道の駅に自動車を止めてご覧ください。

基本情報

住所
岩手県遠野市宮守町下宮守30-37-1
アクセス
宮守駅から徒歩約10分(道の駅みやもり敷地内)
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

問い合わせ先
一般社団法人遠野市観光協会
電話番号
0198-62-1333

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

道の駅「みやもり」とめがね橋
詳細はこちら
霧幻峡の渡し
詳細はこちら
庄内砂丘
詳細はこちら
カッパ淵
詳細はこちら
あぶくま洞
詳細はこちら
三陸鉄道大沢橋梁
詳細はこちら
鶴の舞橋
詳細はこちら
三内丸山遺跡
詳細はこちら
蔵王の御釜
詳細はこちら
世界自然遺産白神山地の麓「青池」
詳細はこちら
銀山温泉
詳細はこちら
鳥越の滝
詳細はこちら
高山稲荷神社
詳細はこちら
龍泉洞
詳細はこちら
角館武家屋敷
詳細はこちら
銚子大滝
詳細はこちら
宮城蔵王キツネ村
詳細はこちら
後生掛温泉
詳細はこちら
津軽まちあるき
詳細はこちら
奇跡の一本松
詳細はこちら