めがね橋(宮守川橋りょう)

めがねばし(みやもりがわきょうりょう)

アーチ橋の上をSLが走る光景は童話「銀河鉄道の夜」のよう

連なった5つの半円からできるアーチ橋で、正式名称は「宮守川橋りょう」です。岩手が生んだ名童話作家・宮沢賢治は、この橋の上を走るJR釜石線の前身「岩手軽便鉄道」をモデルに、名作「銀河鉄道の夜」を描いたとも言われています。


一日1本しか走らないSL列車もこの橋の上を走るので、運が良ければめがね橋の上を力強く走るSLを見られるかも?! まさに童話「銀河鉄道の夜」のような光景です。


夕暮れになるとライトアップされ、見る人々を幻想の世界へいざないます。ロマンティックな景色が話題となり、「恋人の聖地」として認定されました。周辺には恋人の聖地のモニュメントもあります。


釜石自動車道宮守ICを利用するとめがね橋は通り過ぎてしまいます。見学の際は283号線を利用し、付近の道の駅に自動車を止めてご覧ください。

基本情報

住所
岩手県遠野市宮守町下宮守30-37-1
アクセス
宮守駅から徒歩約10分(道の駅みやもり敷地内)
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

問い合わせ先
一般社団法人遠野市観光協会
電話番号
0198-62-1333