男鹿真山伝承館(秋田県男鹿市)

おがしんざんでんしょうかん

伝統民俗行事「男鹿のナマハゲ」実演が迫力満点!!

  • 「曲り家」と呼ばれる伝統的家屋
  • 大迫力の「なまはげ」
  • 「悪い子はいねがー」「泣ぐ子はいねがー」
  • 悪い子はなまはげ台帳に名前を書かれちゃうかも?!

男鹿半島やその一帯で伝わる伝統民俗行事「男鹿のナマハゲ」。「泣ぐ子はいねがー」と叫びながら鬼のお面をかぶってやってくるので、子どもを泣かせる悪者だと思われがちですが、実は、人々の怠け心を戒め、無病息災・田畑の実り・山の幸・海の幸をもたらすために、毎年大晦日にやってくる神なのです。


男鹿真山伝承館はそんな「なまはげ」を体感できる施設。建物は茅葺き屋根の民家。母屋と厩(馬屋)がL字形に曲がって一体化していることから「曲り家」と呼ばれる伝統的家屋です。昔の暮らしが窺える民家は、いかにも「なまはげ」が登場しそうな雰囲気。囲炉裏がある畳敷きの部屋にすわると、なまはげ文化についての解説の後、いよいよ「なまはげ」の実演がスタート!「悪い子はいねがー」「泣ぐ子はいねがー」と大声で叫び、畳を強く踏みしめながら歩き回る姿は迫力満点。なまはげの衣装から落ちた藁は魔除けになるそうなので、持ち帰ってみると良いかもしれません。(無理やり引き抜くのはNGです。)


「男鹿真山伝承館」には、なまはげが大集合した展示がある「なまはげ館」が隣接しています。ユネスコ無形文化遺産にも登録された「なまはげ」の民俗文化を存分にお楽しみください。

基本情報

住所
秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢97
料金
◎普通料金    
大人     1,100円
小・中学生   400円

◎グループ料金 
大人     1,000円
小・中学生   350円
営業時間
4月から11月9:30・10:30・11:30・13:30・14:30・15:30

12月から3月(※平日は除く)9:30・10:30・11:30・13:30・14:30・15:30
アクセス
北上JCT > (秋田自動車道:約2時間) > 昭和男鹿半島IC > (R101:約40分) > 男鹿真山伝承館

秋田空港 > 秋田空港IC > (秋田自動車道:約25分) > 昭和男鹿半島IC > (R101:約40分) > 男鹿真山伝承館

秋田港フェリーターミナル > (R101:約50分) > 男鹿真山伝承館

東京駅 > (秋田新幹線こまち:約4時間) >秋田駅 > (JR男鹿線:55分) > 羽立駅もしくは男鹿駅 > (なまはげシャトル:約15分) >男鹿真山伝承館

秋田ふるさと村(横手) > 横手IC > (秋田自動車道:約1時間) > 昭和男鹿半島IC > (R101:約40分) > 男鹿真山伝承館

田沢湖 >(R46:約30分) > 角館 > (R46:約30分) > 協和IC > (秋田自動車道:約30分) > 昭和男鹿半島IC > (R101:約40分) > 男鹿真山伝承館

十和田湖 > (R103・R7:約2.5時間) > 能代南IC > (秋田自動車道:約25分) > 昭和男鹿半島IC > (R101:約40分) > 男鹿真山伝承館
駐車場
あり
公式サイト
なまはげ館
備考
隣接するなまはげ館との共通チケットあり。

問い合わせ先

問い合わせ先
男鹿真山伝承館
電話番号
0185-33-3033

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

なまはげ館(秋田県男鹿市)
詳細はこちら
千秋公園
詳細はこちら
真山神社
詳細はこちら
つなぎ温泉
詳細はこちら
寒風山(秋田県男鹿市)
詳細はこちら
赤神神社 五社堂(秋田県男鹿市)
詳細はこちら
鳴子峡
詳細はこちら
男鹿半島あいのりタクシー なまはげシャトル
詳細はこちら
能代七夕「天空の不夜城」(秋田県能代市)
詳細はこちら
奈曽の白滝
詳細はこちら
やまのべひな人形展
詳細はこちら
カッパ淵でカッパ釣り体験
詳細はこちら
田沢湖・たつこ像 
詳細はこちら
田沢湖ビール(秋田県仙北市)
詳細はこちら
雲昌寺(秋田県男鹿市)
詳細はこちら
寒風山回転展望台
詳細はこちら