東北でのサムライ探訪

サムライは日本の真の象徴のひとつです。近代化が進んだ明治時代(1868-1912)に国際主義と西洋の生活概念を受け入れたことにより、武士制度は廃止されました。しかし、サムライ文化は滅んでおらず、全国の保存状態の良い建築物や住居で見ることができます。 東北は、武家屋敷と呼ばれる武士が居住した家屋敷を見れるので、江戸時代(1603-1868)の日本の武士とその家族の日常生活がどのようなものであったかを体験できる、日本のおすすめの地域のひとつです。

角館武家屋敷 (秋田)

秋田県の仙北エリアにある角館武家屋敷は、武家建築の代表です。1620年に設立された角館は、山脈と川に囲まれており、強固な要塞になっています。たくさんある中でも、角館の主な魅力は石黒家と青柳家であり、武士の生き方の素晴らしさを残しています。角館の地域は、4月下旬〜5月上旬から見ることができる美しい桜で有名です。 地元の川沿いには豪華なしだれ桜の大通りができ、当然ながら、地元の人と観光客の両方にとって非常に人気のある花見の名所になりました。 もうひとつのおすすめの訪問時期として秋もおすすめです。

会津武家屋敷 (福島)

福島県の有名な会津地域にある、会津武家屋敷は歴史愛好家にとって大きな楽しみとなるでしょう。そこは歴史的な価値と訪問者のための様々な体験活動に満ちたみごとな博物館です。複合施設には、お土産や地元の美術品や工芸品店に加えて、茶屋、弓道場、華やかな庭園、精米所があります。会津武家屋敷には38の家屋が含まれており、この複合施設を散策することは、侍とその家族がどのように生活していたかを学び、過去と現在の視覚的および物理的なつながりを作り出す素晴らしい経験です。希望者は赤べこ絵付け体験を試すこともできます。これは福島の地元のシンボルのひとつであり、お土産にぴったりです!

鶴ヶ城 (福島)

会津若松城としても知られる鶴ヶ城は、1384年に建てられました。戦や戦争を経て、1960年代に修復され、2011年に完成しました。このお城は地元の歴史を象徴する存在であり、すばらしい山岳地帯の景色を眺めることができます。高い評判の理由のひとつとして、日本で唯一の赤瓦の屋根があるお城だということです。もともと赤瓦だった屋根は時代が移り変わりゆく中でより保守的な黒瓦に変更されました。現在は1300年代に使用された本来の色調を丁寧に再現しています。巨大な複合施設には、武士の暮らしぶりとお城の古い歴史、鶴ヶ城公園、茶屋麟閣、4月から5月に咲く美しい桜、そして近くには福島県について学べる素晴らしい博物館も伴っています。

弘前城と武家屋敷

青森県にある弘前城は1600年代初期に建てられ、この地域の歴史的な基点です。弘前公園内に位置し、4月下旬から5月にかけて2500本以上の桜が咲き乱れる全国屈指の桜の名所としてよく知られています。公園にはピクニックエリアがたくさんあり、手漕ぎボートのレンタルや、東北の空を壮観に照らす華やかなイルミネーションも見られます。また、この公園には弘前城植物園と護国神社を有しています。 城の北側は武家地区であり、喜ぶべきことに一般公開されています。3つの武家屋敷と1つの商人の家があり、歴史を楽しんで垣間見ることができます。

霊廟 瑞鳳殿 (宮城県)

東北の偉大な武将であった伊達政宗の記念碑である瑞鳳殿は、宮城県の貴重な歴史的スポットです。 東北地方の偉大な領主であった伊達政宗は、今日でも地元の人々の間で敬意を払われています。霊廟は、周囲の自然や建築様式に見られる万華鏡のような色合いで有名です。訪問者は静かな森の散歩に参加することもでき、気晴らしに最適です。知られていない裏街道と階段が複合施設全体に点在している瑞鳳殿は、宮城地方だけでなく東北全体の中でも真の隠れた観光スポットのひとつです。

紹介したスポットをマップで見る

  • 角館武家屋敷 (秋田)
  • 会津武家屋敷 (福島)
  • 鶴ヶ城 (福島)
  • 弘前城と武家屋敷
  • 霊廟 瑞鳳殿 (宮城県)

GoogleMapは、表示回数に制限のある無料枠を使用して掲載しております。
状況により閲覧できない期間が発生することがありますので予めご了承ください。