山形蔵王スキー体験と上杉家歴史学習

時間
所要時間 : 3泊4日
アクセス
主な交通手段 : バス
エリアマップ 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 新潟県

美しく雄大な冬の蔵王と飯豊山地でウインター・スポーツを満喫する3日間です。日程のうち最初の2日を山形蔵王「蔵王温泉スキー場」でのスキー教室にあてます。変化に富んだコースがいくつもあり、単独では日本で最大の面積を誇るスキー場です。(ちなみに樹氷原コースでは樹氷を見ることが出来ます。)もちろん宿泊は2日とも蔵王温泉です。最終日は山形県最南部、飯豊(いいで)町に場所を移しスノーモービル。そのあと米沢藩上杉家ゆかりの場所などを訪ねます。

START

1日目:山形蔵王(スキー教室)

1日目:山形蔵王(スキー教室)
蔵王温泉スキー場は世界でもトップクラスの樹氷鑑賞スポットとして知られ、スキーヤーからボーダーまで、幅広い層を満足させる広大なゲレンデを持つ東北最大級のスノーエリアです。
バス(5分)

1日目:山形蔵王温泉泊

1日目:山形蔵王温泉泊
2日目
徒歩(15分)

2日目:山形蔵王(スキー教室)

2日目:山形蔵王(スキー教室)
徒歩(15分)

蔵王温泉

開湯1900年日本屈指の古湯

蔵王温泉
蔵王温泉は、開湯は1900年前、日本武尊の東征の際、従軍した吉備多賀由により発見されました。江戸時代になると、蔵王権現への西側登山口としてにぎわい、早くも総合リゾートとしての様相を呈しています。大正時代には麓の集落と温泉を結ぶ道路の開通や、街灯、駐在所など様々な施設が設置され、観光地としての足がかりを築きはじめました。昭和に入るとスキー場もオープンし、それに伴い、ロープウェイ等設置、観光道路開通など、ますます観光地としての蔵王を確立しました。それらに並行し、古くからの旅館に加え、ホテル・ペンション・民宿等も相次いで開業。東北最大級の総合マウンテンリゾートとして発展しています。
3日目
徒歩(15分)

3日目:山形蔵王(スキー教室)

3日目:山形蔵王(スキー教室)
徒歩(15分)

蔵王温泉

冬一番のお楽しみ スキーと樹氷と温泉!

蔵王温泉
湯量が豊富でパワフルな強酸性の硫黄泉。温泉街のそこかしこに湯気が立ち上り、何十軒もの旅館やホテルが建ち並びます。肌を白くする効能から「姫の湯」、子供が元気に育つから「子供の湯」と呼ばれることも。そんな名湯を気軽に楽しめるのが、共同浴場。「上湯」「下湯」「川原湯」という3つの共同浴場はいずれもわずか200円。それぞれの距離が徒歩3分圏内という近さなので、湯めぐりするのにも便利です。
蔵王温泉で人気の観光といえば、やはり「蔵王連峰」。山頂の火口湖「蔵王のお釜」は、緑色の湖水が神秘的な美しさをたたえる、夏の蔵王の代表的な景観です。
冬のお楽しみはなんといっても、巨大なスキー場「蔵王温泉スキー場」と、スノーモンスターと呼ばれる「蔵王の樹氷」。樹氷のピークは2月で、スキー場の頂上付近で見られます。スキーやスノーボードをしなくても、ロープウェイに乗れば見ることができます。夜には樹氷のライトアップも。昼のスノーアクティビティ+夜の樹氷ライトアップ+温泉旅館宿泊が、蔵王温泉を最も満喫できるおすすめプランです。
4日目
バス(70分)

4日目:飯豊町スノーモービル等体験

4日目:飯豊町スノーモービル等体験
スキー場では味わえないスノーモービル乗車体験やスリル満点のバナナボート、巨大滑り台などが体験できます。

4日目:そば打ち体験

4日目:そば打ち体験
山形といえば「そば」。地元そば打ち愛好者が風味豊かなそば打ちを指導いたします。お昼は自分で打ったそばを茹でその美味しさを味わいます。
バス(35分)

4日目:上杉神社・稽照殿・博物館

4日目:上杉神社・稽照殿・博物館
名将上杉謙信を祀っており、稽照殿は宝物殿として上杉謙信の遺品、刀や甲冑などを収蔵展示しています。直江兼続が所有していたといわれる愛の前立ての甲冑は有名です。
GOAL

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

南三陸町農林漁業体験と震災学習(1)
詳細はこちら
スノーリゾート新潟で学ぶ「スキースノボ修学旅行」 2泊3日…
詳細はこちら
会津の伝統と歴史と神秘の五色沼自然探勝路を学ぶ
詳細はこちら
花巻農村生活体験と世界遺産中尊寺
詳細はこちら
とことん「山形県」(体験と探究)
詳細はこちら