三陸復興国立公園 種差海岸

さんりくふっこうこくりつこうえん たねさしかいがん

市街地から30分の楽園、変化に富んだ風光明媚な海岸を五感で満喫しよう

東日本大震災により被災した三陸地域の復興に貢献するため、2013年5月24日に創設された「三陸復興国立公園」の中でも、絶景の宝庫といわれる「種差海岸(たねさしかいがん)」。

トリップアドバイザ―のエクセレンス認証も受けており、650種を超える植物が自生し、初夏から秋にかけて花々が咲き誇り「花の渚」とも呼ばれています。ウミネコの繁殖地である蕪島や眺望が美しい葦毛崎展望台、海沿いの天然芝生地など、全長約12㎞の海岸線に唯一無二の見どころが散りばめられています。

その素晴らしさは、鳥観図絵師・吉田初三郎や日本画家・東山魁夷など文人墨客に愛され、種差にまつわる多くの作品も残されています。


≪葦毛崎展望台≫岬の先端部にある展望台。幕末時代には異国の船を監視するのに使われ、太平洋戦争時は日本軍によって利用されたと言われるこの場所は、今は名勝地として今日も人々の目を楽しませています。

≪中須賀≫岩礁の入り江に沿って遊歩道があります。やませの影響で、高山にしか咲かない植物が数多く群生し、遊歩道散策をより楽しいものにしています。

≪釜の口≫入り江の海中に大きな釜の形状をした岩があることから、釜の口と呼ばれています。

≪大須賀海岸≫貴重な鳴き砂の浜。約2.3㎞続く白い砂浜は、散歩できる砂浜として東北最大規模です。

≪鳴き砂≫大須賀海岸の砂浜で体験でき、砂が擦れるときに「キュ、キュ」と鳴ります。これは角が取れた石英粒の砂が、付着物のない綺麗な状態で、なおかつよく乾いているときに鳴ります。

≪白岩≫鵜の糞で白くなっていることから白岩と呼ばれています。海と空の青、松原の緑とのコントラストが美しい場所です。

≪淀の松原≫樹齢100年以上の松並木が広がる遊歩道。樹々の間から荒々しい海岸美が望めます。

≪天然芝生地≫天然の芝生に覆われた段丘面が波打ち際まで広がり、太平洋の眺望とあわせ開放的な景観です。南端の大久喜まで岩山が現れます。


※2020年2月29日現在の情報です。

基本情報

住所
青森県八戸市鮫町字棚久保
営業時間
8:30~17:15
休業日
土・日・祝
アクセス
自動車:八戸駅から35分、八戸市中心街から25分、八戸自動車道八戸ICから30分
鉄道:JR八戸線鮫駅から徒歩40分程度
バス:種差海岸遊覧バスうみねこ号で最寄りバス停下車
公式サイト
VISIT HACHINOHE(観光物産サイト)
SNS
Facebook

問い合わせ先

問い合わせ先
(一財)VISITはちのへ
電話番号
0178‐70₋1110
FAX番号
0178₋80₋7348
メールアドレス
info@visithachinohe.or.jp

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

瑞巌寺
詳細はこちら
奥入瀬渓流  
詳細はこちら
アスピーテライン 雪の回廊
詳細はこちら
三陸鉄道大沢橋梁
詳細はこちら
道の駅なみえ「ラッキー公園 in なみえまち」
詳細はこちら
気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館(宮城県)
詳細はこちら
瓢湖
詳細はこちら
中尊寺
詳細はこちら
川原毛地獄
詳細はこちら
世界自然遺産白神山地の麓「青池」
詳細はこちら
弘前公園(弘前城跡)
詳細はこちら
米沢乗るパス
詳細はこちら
千畳敷海岸
詳細はこちら
山刀伐峠越えトレッキング&山頂コーヒーブレイク・芭蕉弁当付…
詳細はこちら
秋保大滝
詳細はこちら
猊鼻渓
詳細はこちら
正子のチューリッぷ園
詳細はこちら