【中止】田舎館村展望台(田舎館村第1田んぼアート)

いなかだてむらてんぼうだい(いなかだてむらだい1たんぼあーと)

城を模した役場庁舎から見下ろす巨大な田んぼのアート

  • 2018年「ローマの休日」
  • 2017年「ヤマタノオロチとスサノオノミコト」
  • 2015年「風と共に去りぬ」
  • 2013年「花魁とハリウッドスター」
  • 2011年「竹取物語」
  • 2009年「戦国武将とナポレオン」
  • 2007年「神奈川沖浪裏と赤富士」
  • 2003年「モナリザ」
  • 1993年~2001年「岩木山」
  • 展望台(役場庁舎)外観

田んぼアートは様々な色の稲を絵の具代わりに、田んぼをキャンバスに見立てて描く巨大なアートです。
今では全国各地で行われている田んぼアートですが、発祥の地である田舎館村では長年培ったノウハウと測量技術により他のどの地域にも負けない緻密なアートを描いています。


田舎館村の田んぼアートは2つの会場で行われています。第1会場である田舎館村展望台は城を模した田舎館村役場庁舎内にあり、4階の展望デッキや6階の天守閣からアートを見学することができます。
第2会場である弥生の里展望所との間には無料シャトルワゴン(9人乗り)が運行しており、会場間を約10分で移動することができます。


※2021年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため第2田んぼアートのみの開催とします。


https://www.youtube.com/channel/UCr3zS2hgFGUCj0LjEd2kkSg


●過去5年間の第1田んぼアート
2015年 風と共に去りぬ
2016年 真田丸より 石田三成と真田昌幸
2017年 ヤマタノオロチとスサノオノミコト
2018年 ローマの休日
2019年 おしん


※2021年5月1日現在の情報です。

基本情報

住所
青森県田舎館村田舎舘字中辻123-1
料金
4階展望デッキ
大人(中学生以上)300円 小学生100円 未就学児無料
6階天守閣(追加料金) ※6階のみの入場不可
大人(中学生以上)200円 小学生200円 未就学児無料
※団体料金なし
営業時間
9:00~17:00(最終入館16:30)
休業日
「稲刈り体験ツアー」開催日
(9月最終もしくは10月最初の日曜日)
アクセス
黒石ICより車で約15分
JR川部駅よりタクシーで約10分
JR弘前駅より弘南バス(黒石・大川原行き)で約20分 畑中バス停で下車後徒歩約3分
駐車場
田舎館村役場駐車場および周辺の臨時駐車場を利用可能
(無料、約250台)
※大型・中型バスは田舎館村公民館および体育館の解体・新築工事のため2022年頃まで駐車不可。約3分ほど離れた待機場所をご利用ください。
公式サイト
田舎館村:田んぼアートの村
SNS
田んぼアートの村いなかだて 公式facebook
クチコミ
田舎館村田んぼアートのトリップアドバイザー
所要時間
約30分(待ち時間除く)
備考
〇毎年6月上旬~10月上旬に開催します。
〇お客様を連れて入館するバス・タクシーの乗務員およびツアー添乗員は入館料が無料となります。
〇乗務員や添乗員を除いた入館者数が15人以上の場合、あらかじめ団体予約を利用することで待ち時間なしで入場することができます。
詳細は村HPをご確認ください。

問い合わせ先

問い合わせ先
田舎館村企画観光課商工観光係
電話番号
0172-58-2111
FAX番号
0172-58-4751
メールアドレス
muraokoshi@vill.inakadate.lg.jp

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

化石の発掘体験
詳細はこちら
泥湯温泉
詳細はこちら
青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
詳細はこちら
大船渡市立博物館
詳細はこちら
岩木山
詳細はこちら
シーパルピア女川/地元市場ハマテラス
詳細はこちら
鰺ヶ沢名物「焼きイカ」と「イカのカーテン」
詳細はこちら
カミのすむ山 十和田湖 光の冬物語2020-2021 in 国立公園十和…
詳細はこちら
蔵王温泉
詳細はこちら
大館アメッコ市
詳細はこちら
笹川流れ
詳細はこちら
雫石銀河ロープウェイ
詳細はこちら
白根大凧合戦
詳細はこちら
八甲田憩いの牧場
詳細はこちら
弥生の里展望所(第2田んぼアート)
詳細はこちら
【山寺】宝珠山立石寺
詳細はこちら
世界自然遺産白神山地の麓「青池」
詳細はこちら
網張展望リフト
詳細はこちら
漆ストラップつや出し体験
詳細はこちら
横手市ふれあいセンターかまくら館
詳細はこちら
  • TOP
  • 観光・体験
  • 【中止】田舎館村展望台(田舎館村第1田んぼアート)