恐山菩提寺

おそれざんぼだいじ

日本三大霊山「恐山」は「現世と来世をつなぐ場所」

  • 日本三大霊山の一つ「恐山」
  • 「賽の河原」に積まれる石の数々
  • 美しい景観も広がります
  • くるくると回る風車に漂うもの悲しい空気
  • 「極楽浜」と呼ばれる湖
  • 入口に構える山門
  • 「極楽浜」に並ぶ風車
  • 三途の川に架かる「太鼓橋」を渡り霊域へ
下北半島に位置する霊場・恐山は、比叡山・高野山とともに日本三大霊山といわれています。恐山菩提寺の創建は862年。慈覚大師円仁が霊夢により山形県の「山寺立石寺」を開山し、次いでこの地を訪れ「恐山菩提寺」を開山したと伝えられています。恐山菩提寺はカルデラ湖である宇曽利山湖の湖畔にあり、外輪山に囲まれた霊場は、外部からは見ることのできない途絶された場所。一帯には荒涼とした風景が広がります。地元では古くから「人は死ねば恐山に行く」と言い伝えられてきました。

三途の川にかけられた太鼓橋を渡って霊域に入ります。恐山菩提寺の境内は死後の世界のよう。極楽浄土を思わせる美しさの極楽浜、硫黄臭が立ち込める地獄谷、無間地獄、血の池地獄…。賽の河原には亡くなった幼い子供を弔うために両親が積んだ石や、くるくるとまわる風車があり、もの悲しさを感じさせられます。

例年7月20日から24日に行われる「恐山大祭」と、10月上旬の連休に行われる「恐山秋詣り」には、イタコと呼ばれる巫女が死者の御霊を呼んでくれるとあって、多くの人達が列をなし、あの世からのメッセージを聞きに集まります。

また、恐山は1万年以上前に噴火したと言われる休火山。現在でも硫黄のにおいが漂う温泉が湧いています。霊場内には4つの湯小屋があり、参拝者は無料で入浴できますが、混浴や男女入替等もあるのでご注意を。宿坊「吉祥閣」に宿泊もできるので、宿坊体験に興味のある方はぜひどうぞ。
エリア
青森県
下北
カテゴリー
文化・歴史

基本情報

住所
青森県むつ市大字田名部字宇曽利山3-2
料金
個人大人500円/人
小学・中学生200円/人
営業時間
午前6時〜午後6時間で開山
休業日
毎年5月1日〜10月31日の間で開山
アクセス
JR下北駅より車で約40分
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

問い合わせ先
恐山寺務所
電話番号
0175-22-3825

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

酸ヶ湯温泉
詳細はこちら