梁川城跡及び庭園

やながわじょうあとおよびていえん

中世伊達氏の居城

梁川城は鎌倉時代に築城されたと伝わり、11代持宗から14代稙宗までの時期を中心に、長きにわたり伊達氏の本拠地とされていました。

稙宗が室町幕府から陸奥国守護職に補任された時期には、奥州の政治的中枢の位置を占め、桑折西山城、米沢城に居城を移してからも、豊臣秀吉の奥州仕置まで伊達氏領内の重要拠点とされました。

その後、蒲生氏や上杉氏の支配を経て、尾張藩2代藩主徳川光友の3男松平義昌が梁川藩3万石を立藩。4代通春(後の尾張藩主徳川宗春)が尾張本家を継いだため廃藩となりました。その後、江戸幕府の直轄地などを経て、幕末には松前藩領となり明治維新を迎えました。

現在、梁川城跡の一部は中学校、高等学校などの敷地になっていますが、本丸跡庭園「心字の池」やかつての土塁、堀跡などが現存しており、往時の姿を偲ぶことができます。 中世の城郭内庭園では、梁川城のように本丸に庭園が現存する例は少なく、極めて貴重と言われています。令和元(2019)年に梁川城跡を含む「伊達氏梁川遺跡群」が国史跡に指定されました。

基本情報

住所
福島県伊達市梁川町字鶴ヶ岡1番地
アクセス
鉄道:阿武隈急行「希望の森公園駅」から徒歩5分
車 :東北自動車道「国見IC」から20分
駐車場
梁川中学校専用駐車場 利用可・無料※約20台
公式サイト
伊達市ホームページ「梁川城跡及び庭園」ページ

問い合わせ先

問い合わせ先
伊達市役所 教育委員会 生涯学習課
電話番号
024-573-5804
FAX番号
024-573-5892

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

伊達な仙台を巡るハングリーSAMURAIツアー
詳細はこちら
【岩手県釜石市】究極の防災リュックを作ろう! 防災意識の向上
詳細はこちら
ロボホンツアー
詳細はこちら
高子岡城跡・周辺
詳細はこちら
船岡城址公園
詳細はこちら
八戸の味 飲み食いセット
詳細はこちら
高原のBBQ
詳細はこちら
大和自動車交通株式会社
詳細はこちら