奥会津編み組細工

おくあいづあみくみざいく

縄文から続く雪国の文化

  • 奥会津編み組細工
  • ヒロロのバッグを編む

 奥会津編み組細工は、奥会津地方の山間部で採取されるヒロロ、山ブドウやマタタビなどの植物を素材とする編み組細工で、山間地における積雪期の手仕事として、日常の生活に用いる籠や笊などが伝承されてきました。 自然素材を用いた堅牢で素朴な手編みの良さが特徴で、その歴史は縄文時代までさかのぼることが出来ます。 

 三島町の荒屋敷(あらやしき)遺跡[縄文晩期(2500年前)]からは縄や各種編組等の約1万点の籠類遺物が出土しており、 奥会津編み組細工は縄文の文化を継承している工芸品です。 

基本情報

住所
福島県大沼郡三島町
営業時間
9:00~17:00
休業日
月曜日(祝日の場合はその翌日)
アクセス
磐越自動車道「会津坂下IC」より車で約25分
JR只見線「会津西方駅」より徒歩約15分
駐車場
あり
公式サイト
三島町生活工芸館

問い合わせ先

問い合わせ先
三島町生活工芸館
電話番号
0241-48-5502
FAX番号
0241-52-2175
メールアドレス
kougeikan@town.mishima.fukushima.jp

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

競技用けん玉の生産量日本一! 長井けん玉のふる里プロジェクト
詳細はこちら
<宮沢賢治関連>旧橋本家別邸(茶寮かだん)
詳細はこちら
小牧野遺跡
詳細はこちら