喜至楼迷宮館内めぐり【最上町】

きしろうめいきゅうかんないめぐり【もがみまち】

  • 瀬見温泉 喜至楼 外観

江戸時代から続く 瀬見温泉「湯元 喜至楼」は現存する県内最古の旅館建築物の宿。

本館は明治初期の建築、別館は大正昭和年間の建築で館内はレトロ感たっぷりで一昔前にタイムスリップしたかのような館内は、造りや装飾品などには贅が尽くされている。
ガイドの案内で館内を巡ってはいかがですか。

基本情報

住所
山形県最上郡最上町瀬見温泉 湯元 喜至楼
料金
4,000円
料金に含まれるもの(ガイド料 1,000円・喜至楼弁当2,000円・入浴料500円・入館料500円)
営業時間
10:00~14:00
開催期間:通年
休業日
設定除外日:8月13日・24日~26日、年末年始
所要時間
館内めぐりは約1時間30分
備考
{事前予約}要
{予約期間}1週間前まで
{予約必要事項} ①利用日 ②氏名 ③人数 ④連絡先(携帯電話)
{最少催行人数} 5名
{最大受入人数} 20名

・昼食(弁当)をご用意いたします。
・昼食後、瀬見温泉街を散策しながら、ご案内いたします。

問い合わせ先

問い合わせ先
最上町交流促進課
電話番号
0233-43-2262