【青森県鶴田町】巨木

【あおもりけんつるたまち】きょぼく

記憶のなかの、樹に逢いに行く

  • トドロッポ①
  • トドロッポ②
  • シナノキ
  • イチョウ

◎県指定文化財トドロッポ


妙堂崎の斎藤家の庭にあるモミの木は、地域の人々から「トドロッポ」と呼ばれて親しまれています。
 昭和58年に県天然記念物に指定されました。

植栽の年代は明らかではありませんが、樹の大きさから推定して、元和年間(1615~1623)から寛永年間(1624~1643)、弘前藩が木造新田の開拓に本腰を入れた頃に植えられたといわれています。

推定樹齢350年、樹高30メートル、幹周6メートル。秋田県を北限とするモミの木が300年以上もこの地で生育を続けているのは、植物分布上においても貴重なことだといわれています。



◎浄林寺のシナノキ


「浄林寺」は禅宗(曹洞派)のお寺で、享保13(1728)年、高無三九郎がここに庵を建てたのが始まりとされています。
 寺院裏手の墓地には、推定樹齢400年、樹高23メートル、幹周7.3メートルのシナノキがあります。

主幹は二枝に分かれ、初夏には淡黄色の小さな花をつけ、真夏には涼しげな木陰をつくり、冬にはその太い幹と枝で風をさえぎります。
まるで墓地の番人のように、優しく見守っています。



◎大性神明宮のイチョウ


万治3(1660)年に創建された「大性神明宮」は、天照皇大神を祭神とし、三重県の伊勢神宮を総本社とする神社です。

鳥居をくぐり境内に入ると、大きくそびえるイチョウの木があります。
 推定樹齢400年、樹高32.5メートル、幹周5.56メートル。秋には、美しい紅葉が目を楽しませてくれます。

基本情報

住所
青森県鶴田町

問い合わせ先

問い合わせ先
鶴田町役場 企画観光課
電話番号
0173-22-2111
FAX番号
0173-22-6007

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

奥会津の技と食のものづくり体験
詳細はこちら
津軽鉄道
詳細はこちら
道の駅 からむし織の里 しょうわ
詳細はこちら
啄木新婚の家
詳細はこちら
いわきづくしセット
詳細はこちら
赤べご祭(秋田県東成瀬村)
詳細はこちら
大野亀のトビシマカンゾウ
詳細はこちら
~日本一さくらんぼの里 さがえ~ 雪中いちご狩り
詳細はこちら
あおもり倉石牛
詳細はこちら
ONSEN・ガストロノミーウォーキング in 会津若松 
詳細はこちら
黄金山産金遺跡【宮城県涌谷町】
詳細はこちら
田中浜
詳細はこちら
岩手山〜馬返し登山口〜
詳細はこちら
煙山ひまわりパーク
詳細はこちら
朱鷺メッセ
詳細はこちら
雄国沼湿原のニッコウキスゲ
詳細はこちら
田束山
詳細はこちら
仙台市水道記念館
詳細はこちら
相馬野馬追
詳細はこちら
白幡のいちょう
詳細はこちら