津軽岩木スカイライン(株式会社岩木スカイライン)

つがるいわきすかいらいん(かぶしきがいしゃいわきすかいらいん)

名峰が魅せる、天上の世界。

  • 津軽岩木スカイライン航空写真
  • 岩木山8合目から観る夕陽
  • 岩木山紅葉写真
  • 岩木山8合目からのぞむ北海道
  • オオヤマザクラ

津軽岩木スカイラインは、青森県で初めての有料自動車道で、県道弘前~鯵ヶ沢線の嶽温泉をすぎ、羽黒温泉郷付近から岩木山の8合目まで上る有料自動車道で、調査が開始されてから4年余りの歳月を費やし、昭和40年8月25日に開通したものです。


全長9.8キロ、その間69カーブあり、起点から1キロのところにゲート(料金所)があります。このゲートからいよいよカーブの連続、密生するブナの原生林を上るにつれて視界もだんだん広がり、日本海の波打ち寄せる海岸が白く見えてまいります。終点駐車場へ近づくに従ってその雄大さを増し、北は遠く北海道の松前半島、津軽半島の権現崎と十三湖、なだらかな弧を描く七里長浜、そして鯵ヶ沢から大戸瀬へと一目で見渡せます。眼下には、神秘の黒ン坊沼が見え、晴天の日ですと日本海に浮かぶ北海道江差追分で知られる大島、小島も一望におさめられ、その豪壮な眺めは全国有料道路中等一と称されております。


ターミナルでは主峰岩木山が目の前にそそり立ち白雲が足下をかすめ、高山特有の霊気につつまれます。駐車場から9合目の鳥の海(鳥海山)までリフトがあり、さらに山頂まで40分ほどで、ほどよいヒル・クライミングが楽しめます。


また、7月下旬から9月下旬にかけて、「8合目からの夕日鑑賞」として営業時間を延長しております。


その他、津軽岩木スカイラインまでの道路沿いでは、4月下旬から5月上旬までは約6,500本のオオヤマザクラが咲き誇り、8月中旬から9月下旬までは「嶽きみ」の直売所が多数営業しているほか、4月中旬から10月までは岩木さんぽ館で嶽温泉かけ流しの足湯を楽しめます。


(2020.7.22現在の情報です)

基本情報

住所
青森県弘前市青森県弘前市常盤野
料金
【通行料金(往復)】
二輪自動車1,050円、軽自動車1,520円、小型・普通自動車1,830円、
マイクロ・路線バス4,600円、大型車7,300円

【リフト料金】
大人:往復1,000円、片道700円
中・高校生:往復800円、片道550円
小学生:往復600円、片道450円
団体:往復900円、片道600円
※幼児は無料。団体は大人に限り20名以上。
営業時間
【自動車道】 8:00~17:00 ※16:00
【リフト】 上り 9:00~16:00  下り 9:00~16:20
休業日
・毎週水曜日はリフト定休
・11月上旬~4月中旬は冬季休業
アクセス
・JR弘前駅より車で約40分
・東北自動車道大鰐弘前ICより車で約40分。(アップルロード経由)
駐車場
無料駐車場あり (総合計176台)
第一駐車場:大型バス5台、身障者3台、普通車97台、軽自動車13台、合計118台                              第二駐車場:普通車55台、軽自動車3台、合計58台
公式サイト
津軽岩木スカイラインホームページ

問い合わせ先

問い合わせ先
株式会社岩木スカイライン
電話番号
0172-83-2314
FAX番号
0172-83-2656

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

矢越クルーズ
詳細はこちら
きりこ
詳細はこちら
【東北DC特別企画】ミュージアム・シアター「狩人登場!!」
詳細はこちら
湯殿山神社
詳細はこちら
あおもり観光情報センター
詳細はこちら
秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)
詳細はこちら
玉ノ木原水芭蕉群生地
詳細はこちら
津軽伝承工芸館
詳細はこちら
名川チェリリン村
詳細はこちら
世界一の桜並木
詳細はこちら
ガレット
詳細はこちら
白川ダム湖岸公園
詳細はこちら
白瀬南極探検隊記念館(秋田県にかほ市)
詳細はこちら