角館・田沢湖アクティビティ満載2泊3日【Base!TOHOKU 田沢湖・乳頭・水沢温泉】

時間
所要時間 : 2泊3日
アクセス
主な交通手段 : 車、徒歩、新幹線
エリアマップ 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 新潟県
START
1日目
車で15分

田沢湖・たつこ像 

神秘のコバルトブルー 日本一の水深を誇るパワースポット

田沢湖・たつこ像 
田沢湖は日本百景にも選ばれている景勝地。
日本で最も深い湖で、水深は423.4m。湖面が鮮やかな瑠璃・碧・藍と変化する様は一見の価値あり。遊覧船クルーズ・足こぎボート・カヌー・カヤック・SUPなどで、ぜひ湖上に漕ぎ入れてみてください。見る場所によっても色が変わるので、湖畔のサイクリング・トレッキング・ドライブもおすすめ。キャンプをすれば時間による変化も楽しめます。
雄大な湖を背景に佇む金色の女性の像「たつこ像」は、田沢湖の有名スポット。その昔、美貌を永遠のものにと望んだ辰子という娘がいつしか龍と化してしまい、田沢湖に身を投じたという伝説から建てられました。この伝説には続きがあります。八郎潟という湖にも、やはり人間から龍へと姿を変えられた八郎太郎という男がおり、辰子と愛し合うようになったというもの。2人が共に田沢湖に暮らすようになったために、田沢湖は冬も凍ることなくますます深くなり、一方で主がいなくなった八郎潟は年を追うごとに浅くなったそう。
辰子伝説にまつわる像はほかに、湖の東岸にある「辰子観音」、御座石神社境内にある「たつこ姫像」の3体があります。たつこ像のすぐ隣にある「浮木(うきき)神社」は縁結びのパワースポット。龍湖姫神(たつこひめのかみ)を主祭神として祀る「御座石(ござのいし)神社」は美貌にご利益あり。赤い鳥居が撮影スポットとしても人気です。

電動キックボードを活用した田沢湖散策

魔法の乗り物?時速30kmで走行する電動キックボードで超爽快! 湖畔1周もラクラク走行

電動キックボードを活用した田沢湖散策
1人もしくは少人数でゆっくりと美しい景色を楽しむことを目的に、電動キックボードを利用し湖畔をスイスイ走行できる魔法の乗り物を導入しました!1回の充電でおよそ20kmの走行が可能であり、田沢湖一周も可能!寄り道や立寄りも、キックボードなら一味違う楽しみ方に♪ 途中で飲食を楽しんだり、自分だけの撮影スポットを見つけてみたり。自転車と異なり、アップダウンが激しい道中でも体力を消費せず走行できます。 田沢湖は、春には桜街道、夏には新緑のトンネル、秋には紅葉の名所と季節ごとに素晴らしい景色を楽しめるため、小回りの利くキックボードがとても便利。 湖畔のところどころに立ち寄りスポットがあるのもツーリングのGoodポイント。金色に輝く「たつ子像」や、湖をバックにした「御座石神社の大鳥居」、古きよき小学校の風景に思いを馳せる「思い出の潟分校」などのスポットもあり、360度から田沢湖が満喫できます。
車で2分

田沢湖 湖畔の杜レストラン ORAE

蔵出し自家製ビールと地元食材を愉しむレストラン

田沢湖 湖畔の杜レストラン ORAE
秋田、田沢湖の地モノ新鮮野菜をはじめとした欧風こだわり料理と蔵出しビールで、土の息吹を残した自然の恵みを畑直送の安心でお楽しみいただくレストランです。
ORAE(おらえ)=”私の家”という秋田弁です。「いつでも、おらえでいがったら、おざってたんせえ。」(訳: いつでも、私の家でよかったら、いらしてください。)
車で5分

田沢湖カヤックツアー

日本一深い田沢湖の水深は423.4m エメラルドグリーンの湖に漕ぎ出しましょう!

田沢湖カヤックツアー
日本一深い田沢湖の水深は423.4m
エメラルドグリーンの湖に漕ぎ出しましょう! 
◎…必要な物 ○…あると便利な物 ◎濡れてもよく動きやすい服装 ※綿のシャツやパンツ、ジーンズは適しません。 ※化繊のシャツやジャージがオススメです。 ※Tシャツの下に水着を着用するのもオススメです。 ◎靴 (カカトを固定できるサンダルがオススメ) ◎着替えの衣類 ◎バスタオルやハンドタオル ◎サングラス ◎飲み物 〇ゴーグル○帽子 〇レインウエア (雨カッパ)  〇メガネバンド (紛失防止) ○使い捨てコンタクト ○日焼け止め (夏場は特に必要となります) ※春・秋は気温が低くなりますので防寒対策もお願いいたします
 

テントサイルを活用した特別空間での”空泊”

浮遊感が心地よい、自分たちだけの秘密基地から田沢湖を独り占め気分

テントサイルを活用した特別空間での”空泊”
「宙に浮く感覚が楽しめる」テントサイルを使った“空泊”プランを提供します。 頑丈な木が3本あれば、その幹に括り付けて空中でゆらゆらと滞在することができます。ハンモックのような感覚が非常に心地よい! 自分一人や友人グループだけで独占できる空中テント、田沢湖では贅沢なゆったり時間を創出します。 特にサンセットやサンライズタイムの湖の色の変化を味わうのがイチオシです。 透明な水面はまさに日本のウユニ塩湖。太陽やお月様が水面に反射する神秘的な情景が見られるかも!
車で15分
田沢湖高原温泉(泊)

田沢湖高原温泉郷(秋田県仙北市)

満点の星空が広がる、自然豊かな温泉郷

田沢湖高原温泉郷(秋田県仙北市)
田沢湖や駒ヶ岳の眺望が良く、ホテル、旅館が並ぶ保養と観光の代表的な温泉街で、国民保養温泉地に指定されています。
秋田駒ヶ岳への登山入口にもなっています。
2日目
車で30分

秋田駒ヶ岳

花の宝庫、ムーミン谷へ!

秋田駒ヶ岳
1637メートルの「秋田駒ヶ岳」は、男女岳(おなめだけ)や男岳(おだけ)・女岳(めだけ)等の総称で、十和田八幡平国立公園の南端にある活火山。高山植物の豊富な山としても知られています。6月から9月にかけて様々な花が見られますが、特に7月はコマクサの大群落が見事。
周囲に木道が敷かれている阿弥陀池が、トレッキングコースの中心。バスで八合目まで行けば、阿弥陀池までは1時間10分ほど。標高差も少なく、初心者でも歩きやすいコースです。阿弥陀池からさらに足をのばした馬場の小路コースは別名「ムーミン谷」とも呼ばれ、お花畑や雪渓を眺めながら木道を歩けます。
車で30分

乳頭温泉郷七湯めぐり

七つの宿、七つの湯。

乳頭温泉郷七湯めぐり
組合加入7軒(鶴の湯・妙乃湯・蟹場・大釜・孫六・黒湯・休暇村)の入浴が可能です。
ご宿泊のお客様限定販売で価格は湯めぐり帖1,800円(湯めぐりマップ600円:旧ライト)。各施設のフロントで好評発売中!
※湯あたりには十分ご注意ください。 入浴料 600円  妙乃湯800円 孫六温泉 520円泉質 カルシウム・マグネシウム硫酸塩泉・単純泉効能 皮膚病、動脈硬化症、消化器病等※各お宿により入浴時間が違います。臨時休業もありますので、お宿のHPにてご確認ください。
車で45分

かたくり館(秋田県仙北市)

かたくり館(秋田県仙北市)
平成18年4月8日にかたくり群生地そばにオープンした施設です。談話室、和紙工房、料理実習室、農産物加工所、シャワー室があります。
和紙工房では、1人500円で和紙すき体験と楮の木からの和紙の原料作り体験ができます。
車で40分
田沢湖高原温泉(泊)

田沢湖高原温泉郷(秋田県仙北市)

満点の星空が広がる、自然豊かな温泉郷

田沢湖高原温泉郷(秋田県仙北市)
田沢湖や駒ヶ岳の眺望が良く、ホテル、旅館が並ぶ保養と観光の代表的な温泉街で、国民保養温泉地に指定されています。
秋田駒ヶ岳への登山入口にもなっています。
3日目
車で40分

角館武家屋敷

「みちのくの小京都」でタイムスリップ!

角館武家屋敷
江戸時代に栄えた城下町で、「みちのくの小京都」と呼ばれる角館。半径2kmほどのコンパクトな範囲に、武家屋敷をはじめとした古くからの建造物が数多く現存しており、風情ある町並みを求めて、日本人はもとより外国人観光客も大勢訪れる人気の観光名所です。武家屋敷群の表通りは国の重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けており、文化財として保護されています。
「石黒家」「角館歴史村・青柳家」「岩橋家」「松本家」「河原田家」「小田野家」の武家屋敷を実際に見学することができます。中には現在も住居として使われているお屋敷も。周辺にはレンタル着物店もあり、アンティーク着物に着替えてお散歩するのもおすすめ。日本情緒漂う町並みを着物で歩けばタイムスリップした気分を味わえること間違いなし。「樺細工伝承館」から人力車に乗って通りをめぐれば、さらに気分が増すでしょう。
桜、新緑、紅葉、雪景色…四季それぞれの情緒がありますが、特に桜の名所として名高く、見頃となる4月下旬から5月上旬は多くの人で賑わいます。武家屋敷の黒塀に映える、シダレザクラの桜色が風光明媚。角館町内には約400本ものシダレザクラがあり、そのうち162本が国の天然記念物に指定されています。
JR角館駅から徒歩15~20分とアクセスも良好。駅前にある蔵風の建物「角館駅前蔵」が観光情報センターになっており、地図やパンフレットを入手してから訪れると便利です。

武家屋敷で人力車体験

角館の武家屋敷を人力車でご案内

武家屋敷で人力車体験
地元角館出身の人力車です。人との出会いを大切にしております。江戸時代からある角館の武家屋敷を丁寧に御案内、解説致します。普段とは違う非日常をご体感下さいませ。 結婚式やイベントにも出張致します。 ※ご予約もお承りいたします!! ・角館人力車・桜風亭・人力車角館絆屋
車で5分

御狩場焼(秋田県仙北市)

御狩場焼(秋田県仙北市)
御狩場焼は、肉・季節の野菜などを山椒味噌で調理した料理です。素材の滋味を、香ばしい山椒味噌がひきたてる、豪快ながらも繊細な味わい。佐竹北家の野遊びを思い浮かべながらいただきたい、歴史ロマンあふれる郷土料理です。「狩りの場所」で「焼いて食べる」との事から「御狩場焼き」と云われています。
車で10分

お菓子のくらた角館店(安藤醸造北浦本館内)

「元祖しょうゆソフトクリーム」大好評販売中

お菓子のくらた角館店(安藤醸造北浦本館内)
お菓子のくらたと安藤醸造のコラボから生まれた「元祖しょうゆソフトクリーム」大好評販売中です。他にも「醤油あいす」、「醤油ろうる」、「醤油マカロン」、「醤油ばうむ」など醤油を使用したお菓子や、秋田銘菓「おばこナ、ひでこナ」など、お土産として喜ばれるお菓子を販売しております。
車で5分

仙北市立角館樺細工伝承館

ヤマザクラの樹皮を利用する世界に類例を見ない工芸品

仙北市立角館樺細工伝承館
「樺細工」とは、ヤマザクラ類の樹皮を用いて作られる工芸品のこと。特有の光沢を生かした、渋くて奥深な色合いが特徴の伝統的工芸品です。角館の地に古くから伝承された技法で、茶筒等のお茶道具類、文箱、茶だんす、ブローチ、タイピンなどが作られています。湿気を避け乾燥を防ぐ特性があり、茶入れなどが特に喜ばれています。
仙北市立角館樺細工伝承館には、樺細工の展示室があり、樺細工製作実演が行われることもあります。樺細工のミニ壁掛け作り体験もあるので、自分でデザインした樺細工をお土産にしてみては?(要予約:仙北市交流デザイン課 電話0187-43-3353)
車で5分

もろこし(秋田県仙北市)

もろこし(秋田県仙北市)
秋田を代表する銘菓です。もろこしのルーツは江戸時代にさかのぼり、あずき粉と砂糖だけが原料の、上品で香ばしいお菓子です。もろこしは漢字で「諸越」と表記し、いろいろな説がありますが、“諸々の菓子を越えて風味良し”と評価を得て銘を受けたといわれています。
車で5分
角館駅(JR秋田新幹線)
GOAL
  • 田沢湖・たつこ像 
  • 電動キックボードを活用した田沢湖散策
  • 田沢湖 湖畔の杜レストラン ORAE
  • 田沢湖カヤックツアー
  • テントサイルを活用した特別空間での”空泊”
  • 田沢湖高原温泉郷(秋田県仙北市)
  • 秋田駒ヶ岳
  • 乳頭温泉郷七湯めぐり
  • かたくり館(秋田県仙北市)
  • 田沢湖高原温泉郷(秋田県仙北市)
  • 角館武家屋敷
  • 武家屋敷で人力車体験
  • 御狩場焼(秋田県仙北市)
  • お菓子のくらた角館店(安藤醸造北浦本館内)
  • 仙北市立角館樺細工伝承館
  • もろこし(秋田県仙北市)

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

【Base!TOHOKU】田沢湖秋のアクティビティ堪能コース
詳細はこちら
【Base!TOHOKU】岩室温泉秋旅満喫コース
詳細はこちら
【Base!TOHOKU】花巻と宿をゆったり愉しむコース
詳細はこちら
松島・日本三景を堪能する旅【Base!TOHOKU 松島】
詳細はこちら
角館&田沢湖 歴史文化満喫 2泊3日プラン【Base!TOHOKU 田…
詳細はこちら
  • TOP
  • モデルコース
  • 角館・田沢湖アクティビティ満載2泊3日【Base!TOHOKU 田沢湖・乳頭・水沢温泉】