中尊寺ハス

ちゅうそんじはす

奥州合戦の古戦場の眼下に咲く優美なハス

岩手県平泉町の中尊寺に伝わる藤原泰衡(やすひら)の首桶に納められていた蓮の種から800年の時を経て開花した「中尊寺ハス」。平安の香りを伝えるこの古代蓮は、淡紅色の清楚な大輪が特徴です。2009年に義経ゆかりの平泉中尊寺から贈られて以来、町の有志「国見町中尊寺蓮育成会」が大事に育てています。7月上旬~8月中旬が見頃です。

基本情報

住所
福島県伊達郡国見町大字西大枝字原前地内
料金
無料
休業日
アクセス
●公共交通機関でのアクセス
JR東北線「藤田駅」下車 徒歩約50分
●車でのアクセス
東北自動車道国見ICから車で約10分
駐車場
公式サイト
国見町ホームページ
備考
7月上旬~8月中旬が見頃です。

問い合わせ先

問い合わせ先
国見町まちづくり交流課
電話番号
024-585-2238
FAX番号
024-585-2181
メールアドレス
machizukuri@town.kunimi.fukushima.jp

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

光のアゲハチョウ
詳細はこちら