弘前れんが倉庫美術館

ひろさきれんがそうこびじゅつかん

100年の歴史を持つ煉瓦倉庫をリニューアルした現代美術館

  • 「記憶の継承」をコンセプトに改修された建物
  • 「シードル・ゴールド」に輝く屋根
  • あたたかみのあるエントランス受付
  • 気軽に利用できるライブラリー
  • 既存の黒い壁面を残した展示室

弘前れんが倉庫美術館のもととなる煉瓦倉庫は、酒造工場として約100年前に建てられ、戦後日本で初めて大々的にシードルを製造していた工場でもありました。


そして、美術館になる前の2002年・2005年・2006年と3回に渡り、弘前市出身の現代美術家・奈良美智が展覧会を開催しました。
現在の美術館のエントランスには、当時の展覧会に参加したボランティアの方々へ感謝の意を込めて寄贈された『A to Z Memorial Dog』が展示されており、皆様をお出迎えいたします。


美術館への改修にあたり気鋭の建築家・田根剛が「3つのポイント」にこだわり設計を手掛けました。
1.「記憶の継承」
煉瓦など可能な限り既存部分を残し活用しつつ、耐震補強を行いました。
2.「弘前積みレンガ工法」
エントランスに施されたどこか暖か味を感じる美しい煉瓦のアーチは、新しく積まれたもので、既存のイギリス積みに対して「弘前積み」と名付けられています。
3.「シードル・ゴールドの菱葺屋根」
美術館棟の屋根一つ一つはチタンで出来ていて、光の当たり方によって色が違って見えるので、様々な表情を見せてくれます。


展覧会は年間3つのプログラムで構成され、奈良美智、ジャン=ミシェル・オトニエルをはじめ、国内外の現代アーティストによる作品をご覧いただけます。


現代アートを通して、地域と世界を結び、多様なヴィジョンと豊かな感性に触れ、過去から現在、そして未来へ繋がる新たな創造性を喚起する、クリエイティブ・ハブ(文化創造の拠点)を目指します。


新しく生まれ変わった「弘前れんが倉庫美術館」で、弘前の歴史・文化に触れながら楽しいひと時をお過ごしください。



基本情報

住所
青森県弘前市吉野町2-1
料金
展覧会料金 ※展覧会ごとに異なる
一般 大人1,300円、学生1,000円
団体 大人1,200円、学生900円(※有料合計20名様以上で適用) 
以下に該当する方は無料です
・弘前市在住で満65歳以上の方
・弘前市在住で弘前市内外の大学に在学の外国人留学生
・障害者手帳をお持ちの方とその介護者
・ひろさき多子家族応援パスポートをお持ちの方
・高校生以下
営業時間
9:00~17:00
休業日
火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
アクセス
JR弘前駅から
●「土手町循環100円バス」乗車、「蓬莱橋」下車、徒歩5分
●タクシー7分
●徒歩20分
弘南鉄道「中央弘前駅」下車、徒歩4分
JR東北新幹線「新青森駅」よりタクシー・車で約70分
青森空港よりタクシー・車で約60分
駐車場
思いやり駐車場2台。
お車の方は近隣の有料駐車場をご利用ください(観覧料割引駐車場あり)。
貸切バスにてお立ち寄りの場合は、予めお知らせください。
公式サイト
弘前れんが倉庫美術館ホームページ
SNS
弘前れんが倉庫美術館Twitter
備考
■館内では、撮影禁止の作品を除き、写真撮影可能です。

問い合わせ先

問い合わせ先
弘前れんが倉庫美術館
電話番号
0172-32-8950
FAX番号
0172-55-5982
メールアドレス
info@hirosaki-moca.jp

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

高田城址公園観桜会
詳細はこちら
のへじ活き活き常夜燈市場
詳細はこちら
<宮沢賢治関連>林風舎
詳細はこちら
ポピーまつり(国営みちのく杜の湖畔公園)
詳細はこちら
村田のそら豆
詳細はこちら
三彩館ふじせい
詳細はこちら
震災メモリアルパーク中の浜
詳細はこちら
国宝 赤絲威鎧兜・大袖付  白絲威褄取鎧兜・大袖付
詳細はこちら
七戸町東八甲田家族旅行村
詳細はこちら
工房 夢繭*花(盛岡小さな博物館)
詳細はこちら
三熊野神社・毘沙門堂【花巻市】
詳細はこちら
仙台万華鏡美術館
詳細はこちら
青池
詳細はこちら
深沢紅子野の花美術館
詳細はこちら
八甲田ロープウェー
詳細はこちら