高湯温泉

たかゆおんせん

東北の秘湯

標高750mの高原に湧き、蔵王・白布とともに「奥州三高湯」として知られる温泉郷。

吾妻の山々に抱かれるように、ひっそりと佇み、江戸時代の開湯時と変わらない「湯」が今も湧き続ける。

湧き出たばかりの湯は無色透明、空気に触れることで湯花が発生し、白く濁る。

この白濁湯の硫黄泉は薬効成分が高く、神経痛や糖尿病、アトピー性皮膚炎などに効能があるとされている。


【源泉力】

高湯温泉の療養効果を検証する実証事業の結果から、高湯の主要源泉全てに、国内でもトップクラスの抗酸化力がある。これは全国的に見ても大変珍しく、しかも、江戸時代の開湯以来約400年以上の間、給湯方法を変えずに引湯させていることは驚くべきことであり、まさに天与の恵みといえる。


【温泉力】

開湯以来「源泉かけ流し」にこだわり続けている。地区内にあるすべての浴槽が、自然湧出に加え、機械による汲み上げをせず、地盤の高低差を利用する自然流下式で引湯し、溢れ出た湯はそのまま排出している。「湯の力」を最大限に享受できる最適な方法を、高湯の先達らは自らの身体で実感し、守り伝えてきた。


【地域力】

高湯には古くから「一切の鳴り物を禁ず」という慣習があり、療養目的のため歓楽的な遊びなどを禁じてきた。また、この地に相応しくない大規模開発を行わず、山峡の静かな環境を現在も守り続けている。地域全体で吾妻の自然を尊び、湯を受け継いできたからこそ、開湯時と変わらない「高湯温泉の姿」が今もある。


吾妻山中腹にあり、トレッキングや磐梯吾妻スカイラインのドライブ、福島市内観光などに最適な場所。

宿ごとに趣向異なる露天風呂や、湯治湯の面影を残す内湯など、「湯」そのものを贅沢に楽しむことができる。

基本情報

住所
福島県福島市町庭坂字高湯25番地
営業時間
9:00~17:30
休業日
木曜日
アクセス
・JR福島駅西口からバスで約40分
・東北自動車道福島西I.Cから車で約30分
・東北自動車道福島飯坂I.Cから車で約30分
・東北中央自動車道福島大笹生I.Cから車で約20分
公式サイト
高湯温泉観光協会
SNS
Instagram

問い合わせ先

問い合わせ先
高湯温泉観光協会
電話番号
024-591-1125
FAX番号
024-591-1136

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

スノーピークキャンプフィールド
詳細はこちら
八戸産サバ缶、イカを使ったワサビピザと日本酒(またはワイン)…
詳細はこちら
北のチョコレート工場&店舗  2door(株式会社 小松製菓)
詳細はこちら
旧大湊水源地水道施設(水源池公園内)
詳細はこちら
大津波語り部
詳細はこちら
【東北DC特別企画】<宮沢賢治関連>ガイドと歩く賢治作品ゆ…
詳細はこちら
荘内藩清川関所と歴史の里清川まち歩き
詳細はこちら
志波彦神社・鹽竈神社
詳細はこちら
白いちごのいちご狩り&500円玉サイズの大玉ブルーベリー摘み…
詳細はこちら
福浦島
詳細はこちら
鶴岡市「加茂水族館」と旬の果物狩り体験
詳細はこちら
角館武家屋敷通り(秋田県仙北市)
詳細はこちら
【東北DC特別企画】安比高原「雲海ゴンドラ」&「天空ナイト…
詳細はこちら
【東北DC特別企画】国宝 願成寺白水阿弥陀堂「新緑のアミダナ…
詳細はこちら
雲昌寺(秋田県男鹿市)
詳細はこちら
由ノ杜公園
詳細はこちら
津波遺構たろう観光ホテル(学ぶ防災ガイド)
詳細はこちら
【山形県 肘折温泉】灯籠絵展示会「ひじおりの灯」
詳細はこちら
気仙沼 みしおね横丁
詳細はこちら
桧原湖
詳細はこちら