観瀾亭抹茶体験

伊達の月見御殿で抹茶体験

伊達家の月見御殿「観瀾亭」で抹茶と和菓子をいただくのも、松島観光の醍醐味のひとつ。目の前に広がるのは日本三景松島の海。ゆったりとした時間が過ごせます。

「観瀾」とは、さざ波を観るという意味です。観瀾亭は、もともと豊臣秀吉の伏見桃山城にあった茶室を伊達政宗公がもらい受けて江戸の藩邸に移築していたものを二代藩主忠宗が1本1石も変えぬようにと命じ、海路ここに移したと伝えられています。
床の間の張付絵や襖絵は、壮麗な極彩色で、仙台藩絵師佐久間修理の作で、国重要文化財に指定されています。
エリア
宮城県
松島・塩竈
カテゴリー
体験
文化・歴史

基本情報

住所
宮城県宮城郡松島町松島字町内56
料金
拝観料大人200円 高・大生150円 小・中学生100円 お茶は400円~
営業時間
4月~10月8:30~17:00 11月~3月8:30~16:30
公式サイト
http://www.town.miyagi-matsushima.lg.jp/index.cfm/8,3105,30,html

問い合わせ先

電話番号
022-353-3355

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

北鹿ハリストス正教会曲田福音聖堂
詳細はこちら