<宮沢賢治関連>花巻温泉バラ園・宮沢賢治設計日時計花壇

はなまきおんせんばらえん・みやざわけんじせっけいひどけいかだん 

バラの織り成す息を呑む絶景と宮沢賢治ゆかりの花壇

  • 花巻温泉
  • ナイトローズガーデン
  • バラ園
  • バラのトンネル
  • 賢治設計の日時計花壇
  • バラのトンネル
  • バラ園

宮沢賢治の故郷、花巻市。そして豊富な湯量を誇る花巻温泉郷。

花巻温泉内にあるバラ園は、宮沢賢治が設計した南斜花壇があった場所に1958年着工し、1960年に開園しました。

広さ約5,000坪の敷地に約4506,000株をこえるバラが四季折々の豊かな色彩と香りで庭園を満たします。6月中旬から10月下旬までの長期間にわたりバラの花を鑑賞でき、冬期でもクリスマスローズの展示販売などが楽しめる、全国的にめずらしい庭園です。

バラの最盛期にはバラまつりが催され、5月下旬~10月下旬にはライトアップが煌めくナイトローズガーデンも開催します。


花巻温泉バラ園と宮沢賢治にはとても深い関係があります。1927年、花巻温泉はもともと開拓した新開地であったため、緑化が急がれていました。緑化のために花壇を造るにあたり、当時の花巻温泉遊園地の造園主任であった富手一氏は、花巻農学校時代の恩師である宮沢賢治を頼りました。賢治は毎日のように花巻温泉へ通い、熱心に花壇の設計や庭造りの指導をしました。この際に賢治が詠んだ詩「冗語」の詩碑と、賢治が冨手氏へ宛てた手紙の冒頭の部分が、現在はバラ園となっている南斜花壇の中心部であった場所に建っています。強化ガラス製の美しい碑です。

また、1927年当時、紅葉館の前庭には宮沢賢治が設計した日時計花壇がありました。これは、花巻温泉再開発計画にもとづき1976年に移設こそされましたが、現在も賢治が設計した姿のまま、花巻温泉バラ園内にてご覧いただくことができます。

基本情報

住所
岩手県花巻市湯本1-125
料金
【料金について(※時期により異なります)】
5月下旬~7月上旬(バラの最盛期):800円、7月上旬~11月上旬:500円、それ以外の期間:入園無料
<小学生まで>無料
<15名様以上の団体>400円※バラの最盛期は600円
<花巻温泉に宿泊の方>5月29日~7月上旬:600円、7月上旬~10月下旬:400円
< 障がい者手帳をお持ちの方>障がい者手帳をお持ちの方と付き添い1名は無料となります。
営業時間
花巻温泉バラ園
8:00~17:00
※時季(日照時間)により開園時間が変わります。
※ナイトローズガーデンは開催年により異なりますので、事前にホームページ等でご確認ください
休業日
なし
アクセス
花巻温泉には
東北自動車道花巻ICから約5分
JR新花巻駅からタクシーで約20分、送迎バスで約20~30分
JR花巻駅からタクシーで約15分、路線バスで約20分
駐車場
自家用車600台、バス30台(無料)
公式サイト
花巻温泉
SNS
フェイスブック
備考
【注意点】
※時季(日照時間)により開園時間が変わります。
※バラの見ごろの最盛期は、例年、6月1日~6月30日、8月3日~8月18日、9月14日~10月20日頃です。

問い合わせ先

問い合わせ先
花巻温泉 総合予約センター
電話番号
0198-37-2111
メールアドレス
yoyaku@hanamakionsen.co.jp

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

北のフルーツパーラー
詳細はこちら
花巻おもちゃ美術館
詳細はこちら
北上展勝地さくらまつり
詳細はこちら
マルカンビル大食堂 名物ソフトクリーム
詳細はこちら
とっておきの氷瀑・スノーシュートレッキング
詳細はこちら
三途川渓谷(秋田県湯沢市)
詳細はこちら
鳥海山おもしろ自然塾「そば打ち・うどん打ち体験」(山形県遊…
詳細はこちら
Casa dal Faro(カーサ・デル・ファーロ)
詳細はこちら
岩洞湖氷上ワカサギ釣り
詳細はこちら
自然を楽しみながら、学べる本格キャンプ体験
詳細はこちら
宮沢賢治童話村
詳細はこちら
わくわくファーム 前森高原 【最上町】
詳細はこちら
浅虫温泉森林公園
詳細はこちら
  • TOP
  • 観光・体験
  • <宮沢賢治関連>花巻温泉バラ園・宮沢賢治設計日時計花壇