弥生の里展望所(第2田んぼアート)

やよいのさとてんぼうしょ(だい2たんぼあーと)

道の駅の展望所から見下ろす巨大な田んぼのアート

  • 2017年「桃太郎」
  • 2012年「七福神」
  • 2018年石アート「美空ひばり」
  • 2020年スノーアート「輝く冬空の銀河」
  • 2018年スノーアート「煌めく冬」
  • 展望所外観

田んぼアートは様々な色の稲を絵の具代わりに、田んぼをキャンバスに見立てて描く巨大なアートです。
今では全国各地で行われている田んぼアートですが、発祥の地である田舎館村では長年培ったノウハウと測量技術により他のどの地域にも負けない緻密なアートを描いています。

田舎館村の田んぼアートは2会場で行われています。第2会場である弥生の里展望所は道の駅いなかだて「弥生の里」内にあり、地上約14mの高さからアートを見学することができます。また、第2会場では田んぼアートの技術を活かし小石を使って人物を描いた「石アート」も展示しているほか、毎年2月には雪原をスノーシューで踏み固めて描く「スノーアート」の制作・展示を中心としたイベント「冬の田んぼアート」も開催されます。

https://www.youtube.com/channel/UCr3zS2hgFGUCj0LjEd2kkSg


2021年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、第2田んぼアートのみの開催となります。


●歴代の第2田んぼアート題材
2015年 スターウォーズ/フォースの覚醒
2016年 シン・ゴジラ
2017年 桃太郎
2018年 手塚治虫キャラクター
2019年 おかあさんといっしょ ガラピコぷ~

2020年 中止

2021年 いとみち


●石アート
2015年 惜しまれる人「高倉健」
2016年 惜しまれる人「石原裕次郎」
2017年 惜しまれる人「Princess Diana」
2018年 惜しまれる人「美空ひばり」
2019年 男はつらいよ「車寅次郎」
※「車寅次郎」は2021年まで展示を継続する予定です。


※2021年5月1日現在の情報です。

基本情報

住所
青森県田舎館村高樋字泉4-1
料金
大人(中学生以上)300円 小学生100円 未就学児無料
※団体割引なし
営業時間
2021年6月12日(土)~10月3日(日)
9:00~17:00(最終入館16:30)
休業日
期間中は無休
アクセス
黒石ICより車で約5分
弘南鉄道弘前駅より弘南鉄道弘南線にて約30分 田んぼアート駅にて下車後徒歩約2分
駐車場
道の駅いなかだて駐車場(約190台、大型可)
展望所前駐車場(約90台、大型可)
※ともに無料
公式サイト
田舎館村:田んぼアートの村
SNS
田んぼアートの村いなかだて 公式facebook
クチコミ
田舎館村田んぼアートのトリップアドバイザー
所要時間
約30分(待ち時間除く
備考
〇6月中旬~10月上旬開催
〇お客様を連れて入館するバス・タクシーの乗務員およびツアー添乗員は入館料が無料となります。

問い合わせ先

問い合わせ先
田舎館村企画観光課商工観光係
電話番号
0172-58-2111
FAX番号
0172-58-4751
メールアドレス
muraokoshi@vill.inakadate.lg.jp

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

金華山
詳細はこちら
金華山休憩所
詳細はこちら
【岩手県釜石市】御箱崎・千畳敷
詳細はこちら
2021かがみいし田んぼアート(鏡石町)
詳細はこちら
買う・食べる・道の駅 YOU・遊・もり(森町物産センター)…
詳細はこちら
花火伝統文化継承資料館ーはなび・アムー(秋田県大仙市)
詳細はこちら
【2021年運行中止】山形鉄道フラワー長井線「地酒列車」
詳細はこちら