巨釜半造・折石(おおがま おれいし)

おおがまはんぞう/おがまはんぞう・おれいし

三陸復興国立公園の名勝

唐桑半島の中ごろにある三陸復興国立公園の名勝。リアス式海岸独特の入り組んだ地形が連続し、波の浸食によって、奇岩怪岩が多く、荒々しい男性的な景観美が見られるビュースポットです。


前田浜から沖合を見たとき、あたかも大きな釜の中でお湯が煮えたぎっているように見え、沖にある八幡岩が蓋のようにも見えることから「巨釜」と呼ばれています。大理石の石柱「折石」は、三陸復興国立公園を代表する景観の1つ。高さは16メートル、幅は3メートル。明治29年(1896年)の三陸大津波の際、先端部分が2メートルほど折れたことから折石と名付けられたそうです。巨釜駐車場から海に向かって遊歩道を行くと、大海原とともに折石が姿をあらわし、眼下に広がる景観は圧巻です。

エリア
宮城県
石巻・南三陸・気仙沼
カテゴリー
自然

基本情報

住所
宮城県気仙沼市唐桑町小長根
アクセス
●東北自動車道 一関ICより約90分
●三陸自動車道気仙沼中央ICより約40分
●JR大船渡線鹿折唐桑駅より車で約20分
駐車場
あり
公式サイト
サイトを見る
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

問い合わせ先
唐桑町観光協会
(8:30~16:30・火曜日休館)
電話番号
0226-32-3029

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

鳴子峡
詳細はこちら
奇跡の一本松
詳細はこちら
馬仙峡(男神岩・女神岩)
詳細はこちら
高山稲荷神社
詳細はこちら
気仙沼大島大橋
詳細はこちら
気仙沼 みしおね横丁
詳細はこちら
いわてホリデーパス
詳細はこちら
宮沢賢治記念館
詳細はこちら
リアス線全線フリー乗車券
詳細はこちら
猊鼻渓
詳細はこちら
三陸鉄道大沢橋梁
詳細はこちら
潟沼
詳細はこちら