ゴジラ岩

ごじらいわ

「火を噴くゴジラ」の写真が撮れるかも?!

男鹿半島の南磯、潮瀬崎と呼ばれる磯場にある岩で、シルエットがゴジラに似ているということで命名された岩。およそ3000万年前の火山の噴火による火山礫凝灰岩でできています。


ゴジラらしさを一番楽しめるのは夕刻。口元に夕陽と夕焼け雲を重ねた「火を噴くゴジラ」を撮ろうと大勢のカメラマンや観光客が訪れます。ゴジラが火を噴いているような写真を撮るには、4月頃と10月頃がベストシーズンです。


ゴジラ岩は、男鹿半島・大潟ジオパークの「潮瀬崎ジオサイト」を構成するジオポイントの1つで、このジオサイトには奇岩が多いことで知られ、ゴジラ岩の他にも「ゴジラの尻尾岩」「ガメラ岩」「双子岩」「帆掛島」などたくさんの奇岩が「日本の奇岩百景」に登録されています。

エリア
秋田県
白神・男鹿
カテゴリー
自然

基本情報

住所
秋田県男鹿市船川港門前
アクセス
●JR男鹿線男鹿駅よりバス約30分
●男鹿総合観光案内所より車で約40分
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

問い合わせ先
男鹿市役所 観光課 観光振興班
電話番号
0185-24-9141