奇跡の一本松

きせきのいっぽんまつ

東日本大震災の津波に耐えた復興のシンボル

2011年、東日本大震災で発生した津波で約7万本もの松がなぎ倒される中、唯一、荒波に耐えて真っすぐに立ち残ったのが「奇跡の一本松」。2kmに渡って密集していた松林は跡形もなくなり、たった一本の松が残るのみ。傍らには、かつてユースホステルだった建物が折れ曲がったまま佇み、震災・津波の爪痕を今に伝えています。甚大な被害が発生した震災でしたが、その中でも一本松の奇跡は復興に向かう人々の心の支えとなりました。


その後、海水によって根が腐り、松の木の枯死が確認されましたが、後世にもこの希望の象徴を残したいという想いから「奇跡の一本松保存プロジェクト」が立ち上がり、モニュメントとして保存整備されました。昼夜を問わず何人もの人々が訪れ、手を合わせて復興を祈っています。

エリア
岩手県
三陸海岸
カテゴリー
自然
文化・歴史

基本情報

住所
岩手県陸前高田市気仙町字砂盛176-6
営業時間
高田松原津波復興祈念公園
開園時間:午前9時~午後5時
アクセス
●JR大船渡線BRT「奇跡の一本松駅」下車、徒歩約10分
●三陸自動車道 陸前高田長部ICから5分、徒歩約10分
※「奇跡の一本松」へは、BRT「奇跡の一本松駅」(道の駅「高田松原」駐車場内)から「高田松原津波復興祈念公園」内の園路を利用。園路は公園の開園時間のみ利用可。
駐車場
あり(道の駅「高田松原」)
クチコミ
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

問い合わせ先
陸前高田市役所
電話番号
0192-54-2111