宮城蔵王の御釜

みやぎざおうのおかま

太陽の光で表情を変える火口湖、蔵王のシンボル

  • エメラルドグリーンに輝く火口湖
  • 空や周囲の植物とのコントラストが美しい
  • 朝焼けとともに広がる絶景
  • 雲海の中に浮かぶ湖
  • 刈田岳山頂までは比較的楽に登れます。
  • 蔵王権現が祀られる「刈田嶺神社奥宮」
  • 「馬の背」から眺める御釜
  • 太陽の光によって色を変える湖
宮城と山形の県境にある蔵王山は日本百名山の一つ。蔵王の御釜は「刈田岳」「熊野岳」「五色岳」と周囲を3つの山に囲まれた火口湖で、樹氷と並ぶ蔵王のシンボルです。お釜のような形からその名がつけられ、深緑やブルーなど太陽の光によって色を変えることから「五色沼」とも呼ばれています。見る方向によっても様々な表情を見せ、人々を魅了します。周囲は約1km、直径は約325m、水深は最も深いところで27.6mとされ、強酸性の水のため生物は生息していません。

蔵王連峰を東西に走る「蔵王エコーライン」から「蔵王ハイライン」へと入りその終着点から歩いて展望台に行けます。途中には、絶景が望めるレストランや売店が入る「蔵王山頂レストハウス」も。蔵王エコーライン・ハイラインのオンシーズンは4月下旬~11月上旬で、冬期は通行止めとなるのでご注意を。

比較的楽に登れる刈田岳山頂(1758m)には蔵王権現が祀られる「刈田嶺神社 奥宮(かったみねじんじゃ おくのみや)」があります。お釜~刈田岳は徒歩10分。

熊野岳山頂へと続く登山道「馬の背」から見る御釜もおすすめですが、1時間ほどのトレッキングコースとなるので、服装や靴などしっかりと準備をして行きましょう。

※火口周辺規制がされることもあります。噴火に関する情報は気象庁webサイトをご確認ください。
エリア
宮城県
白石・蔵王
カテゴリー
自然

基本情報

住所
宮城県蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林内
休業日
例年11月上旬~4月下旬は、蔵王エコーライン・ハイラインの冬期通行止めに伴い、基本的に見学不可。
アクセス
東北自動車道白石ICから蔵王エコーラインに入口にある大鳥居まで車で約30分、大鳥居から御釜までは蔵王エコーライン・蔵王ハイラインで車で約40分
駐車場
有料道路「蔵王ハイライン」終点に駐車場あり
ウェブサイト
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

問い合わせ先
蔵王町観光案内所
電話番号
0224-34-2725

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

五大堂
詳細はこちら
厳美渓
詳細はこちら
三陸鉄道大沢橋梁
詳細はこちら
大東大原水かけ祭り
詳細はこちら