山寺(宝珠山立石寺)

やまでら(ほうじゅさんりっしゃくじ)

俳聖が名句を詠んだ、天空の古刹

  • 寺院の本堂「根本中堂」
  • 「納経堂」は山寺を代表する景観
  • 岩の上に立つ「開山堂」
  • 舞台造りの「五大堂」から絶景を望む
  • 眼下に広がる雪景色
  • 山肌が紅葉に染まる
  • 木々の緑と赤い建物がフォトジェニック
  • 「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」
  • 雪の白に映える「納経堂」の赤
  • 山寺力こんにゃくも是非ご賞味ください!

「山寺」の通称で知られる「宝珠山立石寺」。奇岩怪石からなる山全体が修行と信仰の場になっており、登山口から大仏殿のある奥之院まで1時間ほどの道のりのそこかしこに、絶佳の景観が広がります。 俳聖・松尾芭蕉が「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の名句を紀行文「おくのほそ道」に残したことでも知られています。


1015段もある長い石段を登って奥之院を目指すのが王道の参拝ルート。この石段は登ることにより煩悩が消滅すると言われている、ありがたい修行の石段。修行とはいえ、途中には句碑などの史跡や絶景が広がるスポットなど見どころがたくさんあり、知的にも感覚的にも楽しみながら登ることができます。


まずは登山口からほど近い場所に位置する「根本中堂(こんぽうちゅうどう)」へ。国内最古のブナ材木造建築とされ、国の重要文化財に指定されています。「弥陀洞(みだほら)」は、雨風に削られた岩壁に仏の姿を見つけることができた人は幸せになれるとされるパワースポット。邪心を持つ人がくぐらぬように2体の仁王像がにらみをきかせている「仁王門」を過ぎ、「開山堂・納経堂」へ。雄大な山々を背景に赤い納経堂が巨大な奇岩の上に建つ様は、山寺を代表する眺めです。能の舞台のようなお堂の奥から田園風景を見渡せる「五大堂」も山寺随一のビュースポット。最終地点にあたる「奥之院・大仏殿」は悪縁切りのご利益があるとされています。


「山寺力こんにゃく」をはじめ、「さくらんぼソフトクリーム」「だしそば」などの名物グルメもお楽しみください。

基本情報

住所
山形県山形市山寺4456-1
料金
【入山料】
大人300円 中人(中学生)200円 
小人(4歳児以上)100円
アクセス
JR山寺駅より登山口まで徒歩5分
駐車場
周辺有料駐車場を利用
ウェブサイト
http://www.rissyakuji.jp/
ウェブサイト
https://www.yamaderakankou.com/index.html
ウェブサイト
口コミを見る (TripAdvisor)

問い合わせ先

問い合わせ先
山寺観光協会
電話番号
023-695-2816

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

蔵王の樹氷
詳細はこちら
山形県郷土館・文翔館
詳細はこちら
奥入瀬渓流  
詳細はこちら
米沢城址 / 松が岬公園
詳細はこちら
猊鼻渓
詳細はこちら
国営みちのく杜の湖畔公園
詳細はこちら
山形城跡・霞城公園
詳細はこちら
瑞鳳殿
詳細はこちら
鳴子峡
詳細はこちら
あつみ温泉
詳細はこちら